リラックスできる体操

スプリントでは、就労へ向けての準備の一環として、または余暇活動の提案として、定期的に運動を取り入れています。

先日プログラムで行ないました「筋弛緩法」という体操が興味深かったので、一部ご紹介します。

行ってみますと、しっかり体を動かすというよりも、気持ちが整うような運動だと感じました。

手軽に行え、体を動かすことに抵抗がある方でも取り入れられそうな内容でした。関節を大きく動かす必要がないため運動制限のある方にも良さそうです。

 

『筋弛緩法』とは、体の緊張をほぐすリラックスするための運動です。人は緊張状態になると体に力を入れ縮こまろうとします。「リラックスしよう!」と念じても思い通りにならないものです。筋弛緩法で交感神経に働きかけ、体にリラックスの信号を送ることで心のリラックスに繋げることができます。

方法は、体の各部位の筋肉を10秒間緊張させた後、ストンと一気にゆるめることを繰り返して、体の緊張をほぐします。

 

10秒間力を入れる→一気に力を抜き、その感覚を20秒間感じる。

  • 手:両腕を伸ばし、親指を曲げて握りこぶしを作り、10秒間力を入れる。→脱力(20秒間)
  • 肩:両肩を上げて、首をすぼめるように肩に10秒間力を入れる。→脱力(20秒間)
  • 顔:口をすぼめ、奥歯を噛みしめて顔全体を顔の中心に集めるように10秒間力を入れる。→脱力(20秒間。ゆるめたときは、口がぽかんとした状態になるように)
  • 腹部:おなかに手を当て、その手を押し返すように10秒間力を入れる。→脱力(20秒間)

 

他にも足や背中など、全身の部位で行うことができます。

なお、力を入れているときも抜いたときも、その部位の感覚をじっくり味わうことが大切です。とくに、力を抜いたときの、じんわりとゆるんでポカポカとあたたかくなる感じを味わいましょう。

 

面接練習や応募書類作成とは違い、就労には直接関連していない事のように思われるかもしれませんが、自分の体と対話することは、自分を知ることや不調時の対処法を身に付けることにつながると感じています。自身のベースを整えることが安心して就労に向かえる要ではないかと思います。

他にも取り組みやすいプログラムをご用意しております。

不安を減らし、一緒に就労に向かえるようサポートしていきます。

見学・体験は随時受け付けておりますので、下記連絡先までお気軽にご連絡ください。

スプリント花京院センター 髙橋

 

 

 

    コメントを残す